Local News

スペイン統治時代の面影

0
140131

マニラ市内にある16世紀にスペイン人によって作られた要塞イントラムロス。
当時は要塞としての機能はもちろん、政治・経済の中心であったひとつの街である。この街を中心に現在の首都マニラがうまれた。現在でも東洋の真珠と言われた第二次世界大戦前の面影を見ることができる。要塞の外堀は現在ゴルフコースとなっている。

現在のイントラムロスは、フィリピン・リュケイオン大学、マプア工科大学、マニラ市立大学、サン・フアン・デ・レトラン大学などの大学を中心に教育の街としてのイメージがある。街を歩けば学生だらけである。この要塞の中を歩いていると堀の外のマニラの街とは違う時間が流れているような気分になり静けさを感じ、何故かほっと安心できる。

第二次世界大戦の日本軍とアメリカ軍とのマニラの戦いで、ほとんどのコロニアル・スタイルの建物は崩壊してしまったが、フィリピンが今後経済発展を遂げた際には是非、このイントラムロスの街を復活してほしいものだ。マカティ、フォート・ボニファッシオなどのエリアが現在人気だが、この東洋の真珠と言われたエリアがコロニアル・スタイルの街並みで復活した際は、このエリアが一番興味をそそられるであろう。歴史があると言う事はそう言うことである。

  • Editor Rating
  • Viewers Star
  • Total score
  • User Rating
  • Viewers Star
  • Total score

Related Posts

[メトロマニラ不動産 投資・賃貸情報]










メトロマニラで不動産投資をお考えの方へ、SMDC・アヤラランド・センチュリープロパティを中心とした一流物件のみをご紹介させて頂いております。
support@makati-realestate.com
ご相談はお気軽にどうぞ。

ABOUT US

[Manila Freak Entertainment Magazine]
313 2-1 Udagawa-cho Shibuya-ku, Tokyo. JAPAN
E-mail: support@manilafreak.com